WordPressにvue.jsで書いたコンポーネントを手っ取り早く表示させたくて

そもそもそんなことする?みたいなやつは置いといてどう実装するかだけ書きます。

functionsにぶちこんじゃおう!

vueで作ったアプリを特定の記事の時だけ表示させたい・・・プラグインとか使わずに・・・
という時に簡単な対応。

functionsに特定記事のときだけscript読んでもらえばいいのだ。かんたん。

vueで作ったcalcrator.jsというファイルを利用中のテーマディレクトリから取得しています。
あとは記事内に#appとかついたdivを忍ばせておけば平和に出力される。

気をつけること

ほぼこれが書きたかった。
テーマで用意してくれていることがあるjs圧縮などをオンにしてると<script>タグにファイルの内容がそのまま出力されたりしちゃうので、オフにしておこう。
具体的に言うとCocoonの「高速化」で「JavaScriptを縮小化する」にチェックつけてたらそうなってた。

cocoonの場合除外ファイル設定もできるのでそこに設定しておくといい