rbenvをmacにインストールしてRailsを動かす

rbenvをmacに入れた際のメモです

現状

OSX Marvericks 10.9.2

Rubyは以下の通り

$ ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [universal.x86_64-darwin13]

rbenvをインストール

brewでインストールしていく

$ brew install rbenv

~/.zshrcに追加。(bashの場合は~/.bashrc)

eval "$(rbenv init -)"

反映させるべく設定ファイルを読みこむ

source ~/.zshrc

一緒に入れないといけないものたちを入れる

$ brew link autoconf pkg-config
$ brew install ruby-build
$ brew install rbenv-vars openssl readline

rbenvにruby 1.9.3をインストールする

$ rbenv install 1.9.3-p545

インストールしたruby1.9.3を使う場合

有効化して

$ rbenv global 1.9.3-p545

rehashする。
rehashすると~/.rbenv/shims/に自分の使いたいバージョンが置かれる模様。

$ rbenv rehash

確認

$ ruby -v
ruby 1.9.3-p545

PATHを通す

さっきのinitの上あたりにpathのexportを追記。
PATHを通しておかないとrbenv rehashをしてもruby -vでsystemのrubyが使われているぞ、みたいな事や、gemを使う時に元々入っていたgemを使ってしまうというような事が起きてしまう。
先に元々のrubyのパスが通っているとそちらが優先されてしまうので、最初に足すのがよい模様。

~/.zshrcに以下追加(RBENV_ROOTの箇所は環境によりけり?)

export RBENV_ROOT=/usr/local/bar/rbenv
export PATH=$RBENV_ROOT/bin:$PATH

読み込む

$ source ~/.zshrc

Railsをインストール

sudo gem install rails --no-ri --no-rdoc --version 3.2.17

うごいた

$ rails -v
Rails 3.2.17

rehashあたりで何やってるか掘り下げたら楽しいかもしれない